主日礼拝 毎週日曜日 午前10時30分〜

    •  クリスチャンは、牧師も教会員も、神様の救いに導かれ、自らの口で「イエス様は私の救い主です」と信仰の告白をした人たちです。
    •  クリスチャンの信仰生活とは、神様が私を愛してくださっておられることを信じ、イエス様を救い主と信じて生きることです。具体的には、主日礼拝を通して聖書の御言葉に聞き、聞いた御言葉に促されて生きることです。礼拝では、神様を讃美する讃美歌を歌い、お祈りをし、聖書の御言葉を通してメッセージを聞きます。礼拝を通して、神様が一人一人の心に語りかけてくださり、その人が最も必要なメッセージをくださるのです。励ましだったり、慰めだったり、「喝」だったり。そのようにして神様は、まるで親が子どもの手を引いて歩くように、あるいはそっと背中を押して歩くように、神様は一人一人を大切にしてくださいます。礼拝では、その神様の愛をいただき、神様をほめたたえるのです。
    •  信仰の素晴らしさは、一人ひとりが神様の恵みに満たされて、神様の愛に感謝しながら、教会生活をいきいきと続けることにあります。その秘訣は、礼拝にあります。

    伝道夕拝



            夕拝とは、夜にもたれる礼拝のことです。 
       昼間の礼拝に出られなかった人が夜の礼拝に出席し、神様を礼拝します。
      最近は、土曜・日曜が定休ではなくなってきました。昼間の礼拝は出られ
      なくとも、夜なら礼拝に出られるという人もいます。
       さらに大事なのが、「伝道を目的とした夕拝」ということです。初めて
      教会においでになる人の中には、昼間の礼拝には気遅れする人、また、 
      ちょっと様子を伺いに…といった人もおられます。伝道夕拝では、そのよ
      うな教会新来会者にも分かるような言葉でメッセージが語られますし、既に
      クリスチャンとなっている人たちの信仰の証しもあります。それらを通し
      て、神様の愛をお伝えするのが「伝道夕拝」です。

    教会学校(小学科中学科) 毎週日曜日 午前9時〜

    • こひつじ組  未就学児を担当します。
    • オリーブ組  小学1〜3年生までのクラスです。
    • ぶどう組   主に6年生を担当します。
    • やまばと組  中学生を担当します。
    • かえでクラス 成人担当です。日曜日9時50分から20分ほど

    定例祈祷会 毎週木曜日 ①午前10時半〜 ②午後7時〜

    • 祈りは、神様との「対話」です。まるで無二の大親友と語るように、
    • また心から慕う教師と語るように、色々なことを語り合うことです。祈っていると、動揺した心が穏やかになったり、深い悲しみの中にあった心に慰めが与えられたり、押さえきれない程の怒りに震える心が優しくなったりしてきます。私たちは、祈ることを通して神様の御前に出るのです。
    • そして神様は、祈りを通して私たちの心に働きかけてくださいます。
    •  祈りは対話であると同時に、その大切さと頻繁さでは「呼吸」であるといわれます。人間は呼吸をしないと、死んでしまいます。同じように、
    • 信仰において祈ることをやめると、信仰の命を持続させることができなくなります。祈りは、霊的な酸素吸引といえます。
    •  祈りには大きく分けて、一人で祈る「個人の祈り」と、複数で祈る祈りとがあります。「個人の祈り」も「複数で祈る祈り」も、祈りにおいてはどちらも大切な祈りには違いありません。祈祷会とは、上記でいう「複数で祈る祈り」です。そして、教会の目標や、礼拝や伝道集会、教会員の病気や悩みなどを祈りあいます。教会のために、また教会の仲間のために祈る祈りは、クリスチャンを一つにします。

    milk_btn_pagetop.png

    礼拝風景.jpg

    礼拝風景


    主任牧師 町田さとみ

    協力牧師  山岡 磐