聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。    これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることでです。

(新約聖書 テサロニケ信徒への手紙1 5:15〜16)

2019年度 教会標語

恵みに感謝し、喜んで主に仕えよう

(新約聖書 ヘブライ人への手紙 12章28節)

今月の巻頭言「大いなる光を見る」

                             町田さとみ牧師

旧約聖書
イザヤ書9章1節・聖書協会共同訳 

「闇の中を歩んでいた民は大いなる光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が輝いた。」






 『闇の中を歩んでいた民は大いなる光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が輝いた』との冒頭のみことばは、救い主のご降誕を預言した「インマヌエル預言」と言われています。『光を見た』『光が輝いた』との言葉は、光に溢れた輝かしい光景を想像します。救い主イエス様のご降誕は、輝かしい光に表される希望であり、喜びなのです。それは『暗闇の中を歩んでいた民』だからこそ、『死の陰の地に住んでいた者』だからこそ、その光の輝きは眩いもの、大いなる喜びなのです。
 イスラエルの民は、長い長い歳月、救い主がおいでになるのを待っていました。神様への背きのために、彼らは捕囚の民とされ、苦しみを味わいました。五十年間の捕囚から解かれ、彼らはユダヤの町に戻ることがゆるされます。そこでもイスラエルの民は、国を再建するという困難を体験します。加えてその後、イスラエルはギリシャに支配され、ローマに支配され、苦汁を舐めることになります。彼らは、『闇の中を歩んでいた民』であり、『死の陰の地に住んでいた者たち』でありました。彼らが与えられた神様からのインマヌエル預言は、闇の中の輝く光であり、苦しみの中の希望、喜びでした。その預言が成就したのが、イエス様のご降誕です。

 今年も、イエス様のご降誕を待ち望む待降節を迎え、そしてクリスマスを迎えます。闇の中の光として、この世に赤ちゃんとしてお生まれくださったイエス様を心にお迎えする準備をしましょう。そして、闇の中を生き、悩める多くの人たちがイエス様に出会い、救われるように、私たちも神様に祈りと働きを献げていきましょう。「一人が一人を教会に誘う」、そこから始まります。






xmas2019縦.jpg

2019年12月礼拝予定

12月1日 第1主日聖餐式礼拝
午前10時半より
12月8日 第2主日礼拝
午前10時半より
12月15日 第3主日礼拝
午前10時半より
12月22日 第4主日礼拝 クリスマス礼拝
午前10時半より
12月24日 燭下礼拝(キャンドルサービス)
午後7時半より
12月29日 第4主日礼拝
午前10時半より

賛美歌を歌う会

毎月第三土曜日です

yjimage-1.jpegお気軽にご参加下さい。

詳しくはこちらLinkIcon