新会堂 2011年竣工


初狩教会新会堂.jpg

礼拝堂

礼拝堂.jpg



夜の教会風景。
初雁教会のシンボルであった楓で作った十字架

楓で作った十字架.jpg夜の初雁教会.jpg

改修前の会堂

hatukari-oldcharch-web.jpg

PICT0208.JPG

教会納骨堂

初雁教会は納骨堂を敷地内にそなえるめずらしい教会です。
五月には白と赤の芍薬が大輪の花を咲かせています。

syakuyaku-red.JPGsyakuyaku-white.JPG

今は懐かしき旧会堂(1932年)

懐かしき教会堂.JPG

 日本キリスト教団に属し、(ホーリネス)の信仰伝統に立つ初雁教会は、1932年8月21日、宗教法人設立を認可され、川越の地に産声をあげた。今年で創立77年になる。そもそもの出発点は、淀橋教会の巡回伝道地であった川越の、菅間の実家に身を寄せていた柴田以津姉が、小原十三司先生から洗礼を受けたことにはじまる。そこから福者の種が蒔かれ、川越に住む多くの人々が救われた。そして1932年、初雁教会が立ち上がり、淀橋教会から独立した。
 初代板倉はる伝道師の献身のバトンは、原田要蔵牧師、近藤甚之助牧師、小原彗子牧師、清水潔牧師へと渡され、1963年より山岡磐・幸子牧師へと引き継がれることになる。
 1941年(昭和16年)時代は大きく右傾化し、第二次世界大戦へと突入する。同年、日本基督教団が設立された。軍需工場建設の為に教会は立ち退きを命じられ、幾月か信徒のお宅を借りて礼拝を守る。1942年(昭和17年)6月26日、全国一斉検挙によって各地の牧師が弾圧される中、初雁教会も集会禁止・解散を命ぜられる。その間、川越教会にて礼拝を守り続け、敗戦の翌年1946年(昭和21年)にようやく教会は復興した。その後、現在の場所に教会堂を建て59年になる。 
 59年の間に、山岡先生ご夫妻を迎え、新会堂建築、納骨堂建設、会堂増改築と、教会は大きく成長した。開拓伝道の御業がなされ、初雁教会の子教会として坂戸伝道所が生まれ、後に坂戸いずみ教会へと成長した。一昨年、新会堂が建設され、今年法人格を取得した。
 初雁教会は三本柱「信徒・教会・献身者を生み出す教会」を掲げながら、ひたすら前進し続けた。今までに生みだされた6名の献身者は各地で良いご用をされている。教会設立当初は10名ほどの教会であったが、その後、多い時で80余名の礼拝出席者が与えられ、「信徒・教会・献身者を生み出す教会」として、実を結んできた。ともかく走り続けた77年であった。

milk_btn_pagetop.png

日本キリスト教団の成立
1941年、第2次大戦突入前夜の緊迫した政治状況の中で、国権による《宗教団体法》が成立した。《宗教団体法》は、挙国一致して大東亜戦争へ邁進するため宗教団体を統一させようとした法律であったから、戦争協力を前提にした教会合同に反対するものも多くいた。だが教会各派内からの合同を求める機運の中で教会各派が合同し、「日本基督教団」が成立した。
ホーリネスの歴史
創始者は中田重治。青山学院神学科に学び、秋田大館で伝道に従事した後渡米、ムーディー聖書学院に入学したのが1896年(明治29年)。元来メソジストの伝道者であったが、帰国後、1901年に神田神保町に「福音伝道館」を開き、毎夜熱のこもった伝道集会を続けながら伝道者を養成した。この「福音伝道館」がホーリネス教会の発端となり、昨年、宣教100年記念集会がもたれた。
初雁教会の歴史の中で特筆すべきが、第2次大戦下の1942年6月26日未明、ホーリネス系教会〈教団6部・9部〉が国家権力により弾圧されたことである。当時の教団は、歴史的伝統を生かして《部制》をしき、第1部から第10部に分かれていた。初雁教会〈6部〉は解散を命ぜられ、集会禁止となり、教職・信徒は四散した。が、かろうじて川越教会への出席を許され、信仰の命脈を保った。幾多の教職が牢につながれ殉教したが、1945年8月15日の敗戦と共に信教の自由が確保され、《初雁教会復興宣言》をした。
ホーリネス信仰の特質(伝統)
ホーリネス信仰の特徴は《四重の福音》です。《新生》《聖化》《神癒》《再臨》がその箇条で、信仰の”旗印”ともいうべきものです。聖書の教えに従い強調しています。聖霊による明確な《新生、聖化の信仰経験》(単なる頭の理解から信仰体験の生活化)と、再び来たりたもう主イエス・キリストを待つ、終末への希望の信仰。神が祈りに応えて、心身共に癒してくださるとの信仰です。同時に、よく祈り、よく聖書に親しみ、よく献げ、よく伝道する信仰生活こそホーリネス信仰の特徴といえます。

最終更新日 :  2017-06-01