初雁教会 所在地・地図

車でお越しの方へ

関越高速川越ICを下車し5〜6分。

電車でお越しの方へ

川越市駅より徒歩7〜8分。

市駅を出て北へ200m「川越市駅入口」信号を右折。250m先の広い通りを渡り、初めての一方通行を右折、突き当たりを左折すると、間もなく教会入り口の看板が左手に見えます。

住所&Email address

〒350-0041  埼玉県川越市六軒町2−13−4
電話 & FAX : 049-224-7594
URL: http//hatsukari.church.jp
mail address: joyful1932@nifty.com

当教会サイトにご質問ご要望等がございましたら、下記の管理者までご一報ください。

 takumima21@yahoo.co.jp まつもと匠





通路入り口.JPG入り口の様子

小江戸川越にようこそ

蔵屋敷の街並みと時の鐘

川越市のプロフィール

川越市は、埼玉県の中央部よりやや南部、武蔵野台地の東北端に位置し、109.16平方キロメートルの面積と33万人を超える人口を有する都市です。

 遠く古代より交通の要衝、入間地域の政治の中心として発展してきた川越は、平安時代には桓武平氏の流れをくむ武蔵武士の河越氏が館を構え勢力を伸ばしました。室町時代には、河越城を築城した太田道真・道灌父子の活躍により、扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎし)が関東での政治・経済・文化の一端を担うとともに、河越の繁栄を築きました。江戸時代には江戸の北の守りとともに舟運を利用した物資の集積地として重要視されました。

 大正11年には埼玉県内で初めて市制を施行し、昭和30年には隣接する9村を合併し現在の市域となり、平成15年には埼玉県内で初めて中核市に移行しました。

 川越市は、都心から30キロメートルの首都圏に位置するベッドタウンでありながら、商品作物などを生産する近郊農業、交通の利便性を生かした流通業、伝統に培われた商工業、豊かな歴史と文化を資源とする観光など、充実した都市機能を有しています。現在も、埼玉県南西部地域の中心都市として発展を続けています。(川越市役所ホームページからの転載)