教会中央.jpg

聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。    これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることでです。

(新約聖書 テサロニケ信徒への手紙1 5:15〜16)

「2022年度 教会標語
新約聖書 使徒言行録16章31節

主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。




hatsukari.jpg

礼拝をインスタグラムで配信しております。「初雁教会」もしくは「町田さとみ」を御検索ください。

ns3gQMRxwzDgQd4pitjrGEQZfkOukqwSR_Y240T_2JI7Cg9d5VB6eeN_ck3qu2Nr1q9upIEHCgwQh2qYcf33G2JIkTbJ5VjXjfXwOekJWXFshHjDRTggBwzdAs0hlvCx_vtNOR0HLU5PQw--.jpg

初雁教会では感染対策を施した上で60分礼拝を行っております。 

2022年6月26日(日) 第4主日・弾圧を覚える礼拝

説教題「キリストから離れずに」

                             町田さとみ牧師

新約聖書
ローマの信徒への手紙8章31~37節  

 では、これらのことについて何と言ったらよいだろうか。もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜します死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。だれが神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。人を義としてくださるのは神なのです。だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために取り成してくださるのです。だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。
 「わたしたちは、あなたのために
 一日中死にさらされ、
 屠られる羊のように見られている」
と書いてあるとおりです。しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。


 先週は教会創立90年記念礼拝をささげ、教会の歩みを振り返りましたが、本日は教会の歴史の中で厳しい弾圧の時を思い、主のお恵みを覚えます。1932年6月26日の早朝、国会による教会への一斉弾圧が行われました。大戦中、30余の教派の教会を一つにしたかつての日本基督教団は部制で、かつてのホーリネスの群は第6部日本教会派に属していました。この弾圧では、第6部と第9派きよめ教会派が対象でした。その理由は、四重の福音の再臨信仰が当時の国体に反し、ひいては治安維持法違反だとされたからです。特高警察は今から丁度80年前のこの日、第6部・9部を弾圧し、多くの牧師先生が検挙されました。中には2年以上の牢に入れられた先生もおられ、獄中で召された先生、釈放後間もなく召された先生もおられます。その中で初雁教会は、1943年に教会解散を命じられました。当時12人~13人の兄姉で礼拝を守っていましたが、先輩たちは川越教会を借りて、敗戦までの2年間と数か月、礼拝をささげました。主なった信徒の室山兄を小柳兄は夜に家を訪ね、祈り会を持ち続けたと聞いています。敗戦間もなく川越教会を出て、初雁教会として復興しますが、この小さな祈りの会による霊的な営みを主が顧みてくださったと言えます。
 31節『もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。わたしたちにすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか』。味方と敵とは、まるで戦いか法廷の裁判を想像させます。神様が全ての人のためにイエス様を十字架にかけて私たちを罪からお救い下さいました。この神様が私たちの味方であるならば、誰も私たちに敵対することができない、という神様への強い確信です。神様は私たちを真の命に生きる者とされ、御国の世継ぎとしての資格をお与え下さいました。罪の側にいた私たちを、今は神様の側へと引き寄せて下さり、愛の内に生きる者として下さったのです。
 37節『しかし、これらのすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています』。本手紙の時代は、クリスチャンに対する弾圧が厳しさを増していく時代です。その中で、神様によって輝かしい勝利、永遠の命を与えられています。Complete victry(完全なる勝利)とも訳されています。私たちには無理だと思われる中でも、神様は私たちを守り、抱きかかえ、苦難を越えさせて恵みを溢れさせてくださる勝利の主です。先達の生き様を覚え、苦難を益として下さった主の憐みを思い、私たちも今日、主の勝利に与り生かされる勝利の生涯へと歩み行きましょう。

お祈り)弾圧を越えさせて頂いた先達を覚え、私たちも主の道を歩みます。





2022年6月礼拝予定

6月 5日 第1主日礼拝
午前10時半より
6月12日 第2主日礼拝
午前10時半より
6月19日 第3主日礼拝
午前10時半より
6月26日 第4主日礼拝
午前10時半より

賛美歌を歌う会

毎月第三土曜日です

yjimage-1.jpegお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらLinkIcon