聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。    これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることでです。

(新約聖書 テサロニケ信徒への手紙1 5:15〜16)

2020年 教会標語

恵みに感謝し、喜んで主に仕えよう

(新約聖書 ヘブライ人への手紙 12章28節)

今月の巻頭言「にわか信仰はありません

                             町田さとみ牧師

新約聖書
フィリピの信徒への手紙2章7b~8節・聖書協会共同訳 

人間の姿で現れ、へりくだって死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。






今秋には、ラグビーのワールドカップが日本で開催されました。試合が始まる前には、スタジアムがガラ空きでは?と心配されていました。いざ試合が始まりますと、スタジアムはおろか、その外にも観客が詰めかけ、最寄りの駅は人が押し寄せたとのこと。ラグビーのルールが分からなくとも、ラグビーのファンになった人のことを、「にわかファン」と呼ばれていました。

 手元にある国語辞典を引くと、「俄か(にわか)」とは、『変化が急に行われ、かつその変化が、すぐ止む様子』であり、『間に合わせ』という意味を持つとのこと。にわかファンとは、褒め言葉ではないようですが、それでもこのワールドカップでラグビーの魅力を知り、ファンになることはラグビー界にとっては嬉しいことだと思います。「にわか」から、「本気」になればいいのですから。

 けれども、「にわか信仰」とか「にわかクリスチャン」となれば、話は別です。日本のクリスチャンの寿命は、洗礼から数えて二年半と言われています。「にわか信仰」とか「にわかクリスチャン」とは、信仰が本物にならない内に「わたしはこれにて、クリスチャンを卒業します」と、信仰から離れてしまうことです。
しかしながら、イエス様の十字架の救いは、二年半や三年で終わってしまうものでは決してありません。十字架の救いは、永遠の救いです。罪人の私たちを罪から救い、永遠の御国へと引き上げてくださるのです。十字架の恵みは、永遠の恵みです。二年半や三年で切れてしまう、賞味期限のようなものではありません。信仰が本物になるには、聖霊によって取り扱われる必要があります。
 聖霊に取り扱われるためには、日々聖書を読み、日々祈り、聖霊の取り扱いを求めることです。とはいえ、揺るがない信仰に引き上げてくださるのは、聖霊であり、イエス様です。

 勝田教会の二宮めぐみ先生の言葉ですが、勝手ながら、ここで記させて頂きます。「普段はクリスチャンではありませんという顔をしていて、クリスマスだけ、クリスチャンの顔になって教会にくる人を『クリ・クリ(クリスマス・クリスチャン)』と言い、たまに教会に来る人を、『サム・クリ(サムタイム・クリスチャン)』と言う。毎日イエス様の命を頂く私たちは、『エブ・クリ(エブリデイ・クリスチャン)』になりましょう」と。私たちは、にわか信仰ではなく、本物の信仰へと引き上げさせて頂きましょう。私たちのために、神の独り子なるイエス様がこの世にお生まれくださり、十字架にかかって死なれた後に復活してくださったのです。その命に、私たちも生かされ支えられ、引き上げられたいのです。







2020年1月礼拝予定

1月1日 元旦礼拝
午前11時より
1月5日 第1主日聖餐式礼拝
午前10時半より
1月12日 第2主日礼拝
午前10時半より
1月19日 第3主日礼拝
午前10時半より
1月26日 第四主日礼拝
午前10時半より

賛美歌を歌う会

毎月第三土曜日です

yjimage-1.jpegお気軽にご参加下さい。

詳しくはこちらLinkIcon