聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。    これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることでです。

(新約聖書 テサロニケ信徒への手紙1 5:15〜16)

2019年度 教会標語

恵みに感謝し、喜んで主に仕えよう

(新約聖書 ヘブライ人への手紙 12章28節)

今月の巻頭言「神は、あなたと共にいる」

                             町田さとみ牧師

旧約聖書
創世記28章15節 

「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に釣れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。」




 この巻頭言を書いていると、テレビでは、台風19号が関東地方を直撃する、とのニュースが報道されています。先月の月報の巻頭言では、台風15号が関東地方を直撃している、というニュースを聞きながら巻頭言を書きました。近年の台風は大型で、猛烈な風雨によって大きな被害を及ぼします。先の台風15号は、千葉や伊豆大島の地域に深い爪痕を残しました。今なお台風の被害によって、困難な生活を強いられておられる方々の上に、神様の慰めと助けとがありますようにと、祈ります。

 時に、わたしたちの日常には、「何故か」と答えを求めたくなることがあります。「何故ですか」と神様に尋ねても、その声は虚しく消えていく気がします。悩み苦しみの中にいる時、私たちには祈りの言葉さえも出てこない。まるで、深く真っ暗な穴に1人で落ちてしまったかのような孤独、八方塞がりの息苦しさを覚える。けれども、そんな暗闇の中でさえも、神様の声を聞くのです。『見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り』、『決して見捨てない』と。

 冒頭の聖書の御言葉は、旧約聖書のヤコブの場面です。ヤコブは、兄エサウが父イサクから頂くはずの祝福を騙し取り、それを知った兄エサウが憤り、弟ヤコブの命を狙って追いかけます。逃げるヤコブ!追うエサウ!ヤコブは、伯父の住むハランという町に向かいます。逃げに逃げて、ようやく遠くベエル・シェバまで逃げてきたヤコブは、そこで一夜を過ごすことにしました。石を枕に眠りについたヤコブは、夢をみます。天から地に階段が伸び、そこを神の御使いが上ったり下ったりしています。そこで神様が、ヤコブに声を掛けられました。『見よ、わたしはあなたと共にいる』と。ヤコブは兄エサウを騙し、裏切ったがために命を追われ、誰も知る人のいない町まで逃げてきました。孤独と恐怖と夜の闇とが、ヤコブを囲みます。ヤコブはどんなに孤独だったでしょう。どんなに怖かったでしょう。もとを辿ると、ただ自分が悪いのですが。そんな言いようのない思いの中で、ただ神様の声を聞くことは、どれ程の慰めか知れません。この時、神様の声だけがヤコブを立ち上がらせ、慰め、希望を与えてくれました。ヤコブは、神様はどんな時でさえもに共におられることを知りました。ヤコブはこの時、主なる神様を畏れ、従うことを知ったのです。

 神様が私と共にいてくださる。その恵みは、新約聖書において、インマヌエルの主であるイエス様より与えられています。十字架の死から復活させられたイエス様は、『わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる』(マタイ二十八章二十節)と言われました。主は我らと共にいます!このイエス様の溢れる愛のメッセージが、今日も私たちを包んでいます。






xmas2019縦.jpg

2019年10月礼拝予定

10月6日 第1主日聖餐式礼拝
午前10時半より
10月13日 第2主日礼拝
午前10時半より
10月20日 第3主日礼拝
午前10時半より
10月27日 第4主日礼拝
午前10時半より

賛美歌を歌う会

毎月第三土曜日です

yjimage-1.jpegお気軽にご参加下さい。

詳しくはこちらLinkIcon