聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。    これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることでです。

(新約聖書 テサロニケ信徒への手紙1 5:15〜16)

2019年度 教会標語

恵みに感謝し、喜んで主に仕えよう

(新約聖書 ヘブライ人への手紙 12章28節)

今月の巻頭言「証しには力がある」

                             町田さとみ牧師

新約聖書
使徒言行録2章40−41節 

「ペトロは、このほかにもいろいろ話をして、力強く証しをし、『邪悪なこの時代から救われなさい』と勧めていた。ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。」


 最近、蛍を見ましたか? 私は、もう何十年も見ていません。先日、蛍を大切に育てている方とお会いました。きれいな川にしか生息しない蛍を育てるために、周辺の植物や、食料としている水苔に気を配っておられました。「暗い夜の川面に、蛍の明るい光はとてもきれいですよ」と嬉しそうにお話くださいました。暗い中に放たれる、蛍だけが放つことの出来る輝き。幻想的な、夏の夜の風景でしょう。
 イエス様の恵みに与り、救いに与ったペトロをはじめとする使徒たちは、イエス様の福音を証ししました。ペトロ達の証しを聞き、彼らの実直な信仰生活を見ていた多くの人たちは、イエス様の十字架の救いを信じ、洗礼を受けました。その数は、1日にして3千人というのですから、まことに驚きです。 聖霊がペトロを押し出し、ペトロは力強くイエス様の福音の証しをしました。聖霊の力がその場に働き、人々の心がイエス様の救いを受け入れ、イエス様を「主」と告白するに至ったのです。私たちの目には奇跡と映りますが、それが聖霊のなされる御業です。証しは、私たちを通して語られる、イエス様の奇蹟です。聖霊の力が私たちを通して働くのですから、私たちの語る証しには力があるのです。私たちが語る言葉を越えて聖霊の力が現れ、私たちの力を越えた働きがなされます。
 『また会いましょう さよならのない国で~伊藤佐知子の手記』(キリスト出版社)の中から抜き出します。 キリスト教を頑固に拒み続けていたお母さんが、癌のために余命二か月と宣告されました。佐知子姉は毎日病院に行っては看病し、毎日五分ほどお話をしました。「そのため『今日、私は何を成すべきでしょうか』と祈りました。死や悔い改めについて伝えました。不思議なことに母はよく聞いてくれました。神様が働いてくださったことが分かりました。あれほど拒んでいた牧師とベッドで座って祈っていました。牧師の導きによって信仰告白をした時には、一つ一つの聖書の言葉を受け入れ、自分の罪を洗いざらい話し『イエス様、ごめんなさい』と悔い改めました。母は『病気はどんどん悪くなっていくのに、どうしてこんなに平安な心でいられるのか不思議ね』と言いました。人にはできない不可能を可能にしてくださったのです。その後、召されました。」(84頁) 私たちも、イエス様が私たちによくしてくださったことを証ししましょう。証しには力があります。証しを通して、イエス様の恵みが広がります。夏の夜に光る蛍の輝きのように、イエス様の愛が放たれます。


2019年9月礼拝予定

9月1日 第1主日聖餐式礼拝
午前10時半より
9月8日 第2主日礼拝
午前10時半より
9月15日 第3主日礼拝
午前10時半より
9月22日 第4主日礼拝
午前10時半より
9月29日 第5主日礼拝
午前10時半より

賛美歌を歌う会

毎月第三土曜日です

yjimage-1.jpegお気軽にご参加下さい。

詳しくはこちらLinkIcon