聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。    これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることでです。

(新約聖書 テサロニケ信徒への手紙1 5:15〜16)

2020年 教会標語

恵みに感謝し、喜んで主に仕えよう

(新約聖書 ヘブライ人への手紙 12章28節)

今月の巻頭言祈って、待つ」2020年5月24日

                             町田さとみ牧師

新約聖書
「祈って、待つ」使徒言行録1章12~15節聖書協会共同訳

使徒たちは、「オリーブ畑」と呼ばれる山からエルサレムに戻って来た。この山はエルサレムに近く、安息日にも歩くことが許される距離の所にある。彼らは都に入ると、泊まっていた家の上の部屋に上がった。それは、ペトロ、ヨハネ、ヤコブ、アンデレ、フィリポ、トマス、バルトロマイ、マタイ、アルファイの子ヤコブ、熱心党のシモン、ヤコブの子ユダであった。彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。
そのころ、ペトロは兄弟たちの中に立って言った。百二十人ほどの人々が一つになっていた。


 最近、白いマスクだけではなく、カラフルな手作りマスクを見かけるようになりましな。最初は驚きましたが、最近は慣れてきました。
 イエス様は、死から甦らされた後の40日間、弟子たちに現れ、40日目には天に昇られました。天に昇られる前に、『父の約束されたものを待ちなさい』と弟子たちに言われました。弟子たちは、いつも集まって祈っていた家に上がり、祈り合いました。そこには、11人の弟子、婦人たち、母マリアがいました。
 彼らは『心を合わせて熱心に祈り』ました。この熱心な祈りの後に、聖霊なる神様は、イエス様のお言葉どおりに降りました。私たちは、いつ聖霊が降ったのかを聖書を読んで知っていますが、彼らは知らないで祈り続けました。なぜ、祈り続けることが出来たのでしょうか。それは、イエス様の言葉を信じたからです。
 弟子たちや婦人たちが生きた聖書の「時」は、イエス様が十字架で死なれ、その三日の後に墓からいなくなり、イエスの弟子という男たちが持ち去ったのかも知れない、と言われていた時です。弟子たちにとっては心穏やかではない状況です。イエス様も、天に昇られておられません。しかし、弟子たちも婦人たちも、イエス様の「聖霊を待ちなさい」とのお言葉を信じて、祈り合いました。
 私たちも、今、困難な時を過ごしています。だからこそ、イエス様の御言葉を信じて祈ることが、今の私たちには必要なのです。
 新型コロナウイルスのために、私たちは礼拝や祈祷会に集い合うことをやめて、家で礼拝をささげて祈ることにしました。教会にとって欠かすことのできない、大切な礼拝や祈祷会を中止する。本当に苦渋の選択でした。その時に私は、御言葉を頂きました。出エジプト記の『恐れてはならない。落ち着いて、今日あなたたちのために行われる主の救いを見なさい』『主があなたたちのために戦われる。あなたたちは静かにしていなさい』との御言葉です。「この時だからこそ、神様の御言葉を信じて祈り、慌てず落ち着いて、今日示された働きに励みなさい」と示されました。私は、この言葉を握りしめ、日々祈って教会の業に励んでいますが、不安を覚えたり、焦ったりしたことはなく、いつも平安でいられます。困難なこの時を、主は強め導いてくださる。あとで「この時があったからこそ、礼拝の大切さを更に確信した」と告白し合える時が来る。夜明けの来ない夜はなく、出口のないトンネルはありません。主を信じ、祈り、主を待ち望みましょう。

愛する神様、いつもみ言葉をお与えくださり、御言葉をもって導き恵んでくださることを感謝致します。主の御言葉を信じ、歩みゆく力を益し加えてください。
牧師 町田さとみ







緊急告知

初雁教会の皆さまへ
主の御名を讃美いたします。
新型コロナウイルスの緊急事態宣言が、解除されました。教会ではこれを受け、礼拝や祈祷会を6月から再開いたします。
○祈祷会:6月4日(木)午前10時半〜、午後7時半〜。礼拝のために祈りましょう。
○礼拝:6月7日(日)午前10時半〜。
なお、詳しいことは、6月に入ってから連絡いたします。お祈りください。

2020年5月25日(月)
初雁教会 町田さとみ、役員会





6月7日 第1主日聖餐式礼拝
午前10時半より
6月14日 第2主日礼拝
午前10時半より
6月21日 第2主日礼拝
午前10時半より
6月28日 第4主日礼拝
午前10時半より

賛美歌を歌う会

毎月第三土曜日です

yjimage-1.jpegお気軽にご参加下さい。

詳しくはこちらLinkIcon