聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。    これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることでです。

(新約聖書 テサロニケ信徒への手紙1 5:15〜16)

2020年 教会標語

恵みに感謝し、喜んで主に仕えよう

(新約聖書 ヘブライ人への手紙 12章28節)

今月の巻頭言主は新しいことを告げられる。

                             町田さとみ牧師

新約聖書
イザヤ書四二章九節・聖書協会共同訳 

「見よ、初めのことは成就した。新しいことをわたしは告げよう。それが芽生えてくる前に わたしはあなたたちにそれを聞かせよう」



 幼い頃、我が家では元旦になると、新しい肌着を着る習慣がありました。大晦日には、湯上りに新品の肌着を着て、新しい年を迎えるのです。時間の流れを思うと、一日が終わり、次の一日が始まるという一コマなのですが、新年の始まりを新品の肌着を着ることで「新しいを体験する」意味をもたせていたのでしょう。

 主の年二〇二〇年を迎えました。新品の肌着を準備することはし忘れましたが、新年の教会標語の聖句を頂くために、昨年の十月から祈りつつ聖書を読み続けました。そこで与えられ、示されたみことばは、ルカによる福音書十章二七節です。
『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい』。
 マタイによる福音書ではこのみことばについて、『最も重要な第一の掟である』(二二章三八節)と記しています。第二の掟は『隣人を自分のように愛しなさい』、と続きます。このみことばは『掟』ということですから、神様が私たちに守るべきこととして語られました。『愛しなさい』と命令形で書かれています。ですから、神様を愛することを命令された掟ということになります。しかし、聖書における掟は、神様の愛によって前提されたことばです。ですから、単なる命令ではなく、私たちを愛してやまない神様が、私たちにイエス様をお与えくださった神様の、その愛にお応えする信仰生活そのものを語っているのです。新しい年に与えられるみことばは、私たちに『新しいこと』を始めてくださり、道備えをしてくださるイエス様ご自身の御思いそのものです。

 ホーリネスの群の新年聖会において、島隆三先生が説教されました。ある教会の信徒の方のお証しを語られました。その中で、主の愛を心の奥まで沁み与えられた時に、「私はあなたに全てを委ねます」と祈られた。その時に、何の不安も無く、ただ平安に満たされた、との旨のお証しを読まれました。聖霊に導き出され、主に全てを委ねた時に、全き平安が与えられる。私たちの内に聖霊が満ち、主の御心がなされる一年となりますように。



20200216.伝道礼拝チラシ.pdf






2020年2月礼拝予定

2月2日 第1主日聖餐式礼拝
午前10時半より
2月9日 第2主日礼拝
午前10時半より
2月16日 第2主日特別伝道礼拝
午前10時半より
2月23日 第4主日礼拝
午前10時半より

賛美歌を歌う会

毎月第三土曜日です

yjimage-1.jpegお気軽にご参加下さい。

詳しくはこちらLinkIcon